【学習準備】タイピング、ショートカットキーの学習

  • 日本語入力ができる
  • 半角英数字入力ができる
  • 半角記号の入力ができる
  • 基本的なショートカットキーを使うことができる

必要最低限のスキルといっても、そんなに高い技術が必要なわけではありません。

普段パソコンを使う方にとっては当然のものだと思います。
以下に詳しく説明していきますが、自信のある方は飛ばしてください。

日本語入力

基本的に日本語入力をプログラミングで使用することはないのですが、画面に表示するテキストを打ち込んだり、コメント(メモ)を書いたりと、使用する場面は多いです。

日本語のキーボードには「ひらがな」が書いてあると思いますが、この「ひらがな」は一切使用しません

ローマ字入力を使用します。

日本語の50音の配列より英語の26文字の配列を覚えるほうが効率的です。
また、プログラミングでは英単語を入力する機会が多くなるので英字の配列を覚えておく必要があります。

もし今ローマ字入力を使用していない場合は、お使いのパソコンの環境設定からローマ字入力に設定してください。

次の文章をタイピングしてみよう

  • おはようございます!
  • 今日も良い天気ですね。
  • 百円〜千円は、¥100〜¥1,000と同じ意味です。
  • Aくんは「僕は夏が好きだ。」と言った。
  • 110円(税込み)
  • 4+2=6

英数字入力

英数字には全角英数字半角英数字があり、プログラミングではすべて半角英数字を使用します。

全角英数字を使用するとプログラムは動きません。

全角「」と半角「A」は異なる文字となります。
全角「」と半角「1」も異なります。

また、大文字「A」と小文字「a」も異なる文字となります。

大文字、小文字、数字の半角を入力する方法を確認しましょう。

次の文章をタイピングしてみよう

  • Hello, World
  • This is a pen.
  • What's your name?
  • email@demo.com
  • (6 + 7) * 4 = ?

記号入力

普段のメールなどでは使わない記号をプログラミングではよく使います。

英数字と同様に記号にも全角半角があり、ここでもすべて「半角」を使用します

全角「」と半角「*」は異なる文字です。

日本語のキーボードの場合、キーには最大4つの文字や記号が表示されています。

例えば、日本語「め」のキーはこのようになっています。

日本語のキーボード「め」

日本語入力の場合

そのまま「め」を押すと右側の全角「が入力されます。

Shift キーを押したまま押すと上側の全角「が入力されます。

英数字入力の場合

そのまま「め」を押すと左側の半角「/が入力されます。

Shift キーを押したまま押すと上側の半角「?が表示されます。

OSごとの記号の違い

バックスラッシュ\という記号を、プログラミングでは使用することがあります。

しかしこの記号、キーボードのどこを探しても見つけることができません。

Macの場合は、Option + ¥ で入力することができます。

Windowsの場合は、¥バックスラッシュと同じ意味になります

ちょっと不思議ですよね。

次の記号をタイピングしてみよう

  • @
  • {}
  • []
  • ``
  • ""
  • ''
  • &
  • |
  • ¥
  • ()
  • <>
  • #
  • !
  • _
  • -
  • ;
  • :
  • ,
  • =
  • /

タイピング

タイピングにも基礎があります。

どの指でどのキーを押すかによってスピードや疲労度に影響があります。
この基礎は習慣になるように早いうちから意識しておきましょう。

もし人差し指だけしか使っていない場合は、すぐに意識を変えてください。

興味がある方は「タイピング基礎 ホームポジション」などで検索してみると多くの記事がヒットすると思います。

タイピングゲームに挑戦してみよう

ショートカットキー

日本語や英数字の文字入力以外に、キーボードでファイルを保存したり、画面を移動したりすることができるショートカットキーがあります。

このショートカットキーは、WindowsやMacなどのOSによって多少異なり、使用するアプリによって異なる場合がありますが、使い方を覚えておけば多くの作業時間を短縮することができるためプログラミングには必須のスキルとなります

ここで最低限覚えて欲しいショートカットキーについて記載します。

ファイルを保存する

現在編集中のファイルを保存します。

Mac: ⌘ + S
Win: Ctrl + S

編集を戻す(取り消し)

現在編集している作業の一つ前の作業に戻します。

Mac: ⌘ + Z
Win: Ctrl + Z

編集を進める(やり直す)

上記の「編集を戻す」で戻しすぎた場合などに、次の作業に進めます。

Mac: ⌘ + Shift + Z
Win: Ctrl + Shift + Z または Y

検索する

ファイル内やブラウザのページ内をワード検索します。

Mac: ⌘ + F
Win: Ctrl + F

コピーする

選択したテキストや画像、ファイルなどをコピーします。

Mac: ⌘ + C
Win: Ctrl + C

切り取る

選択したテキストや画像、ファイルなどを切り取ります。

Mac: ⌘ + X
Win: Ctrl + X

ペーストする(貼り付け)

上記でコピーまたは切り取ったものを貼り付けます。

Mac: ⌘ + V
Win: Ctrl + V

ショートカットキーを試してみよう

  • メモ帳を開いて文字を入力し、各ショートカットキーを試してみよう!

Twitterでアウトプット

理解したことや分からないところはTwitterでつぶやいてみよう!

この学習ページで学んだことをTwitterでアウトプットしてください。

アウトプットするメリット

学習仲間が増える

同じ課題を持った仲間が増えるため、学習へのモチベーションが継続しやすくなります。

より深く理解する

頭では理解したと思っていても、文章化することで初めて気づくことがあります。